Pale Blue Dot

4月 02 2014
”面倒臭がり” と ”完璧主義” が合わさると、”タスクを期日直前まで放置するが、いざ着手すると妙なところで凝りだして終わりが見えない” という地獄が生まれる

(1,448 リアクション)

+
”面倒臭がり” と ”完璧主義” が合わさると、”タスクを期日直前まで放置するが、いざ着手すると妙なところで凝りだして終わりが見えない” という地獄が生まれる

(1,448 リアクション)

3月 30 2014

2013-10-17 コンドームの効果を、技術者視点で娘に淡々と語れる人 [長年日記]

家族で、3億円事件を扱うドラマ「クロコーチ」を見ていました。

そこで主役の黒河内刑事が、愛人を殺した犯人に対して「ゴムはしていたのか?」と尋ねるシーンがありました。

二人の娘から、同時に「ゴムって何?」と尋ねられて、夫婦で固まってしまいました。

しかし、小5の次女はともかく、中3の長女が暗語として「ゴム」を知らないのは、半端ではなくマズイ状況であると思いました。

で、私が何をしたかというと、会社帰りに、ドラッグストアで一番安い420円のモノを購入したのです。

コンドームです。

——-

深夜11時半すぎ、次女が部屋で眠ったのを確認して、長女を掴まえて、リビングのテーブルで話を始めました。

江端:「最初に確認したいが、SEXの仕組みと意義については理解しているんだよな」

長女:「一応。学校でも習ったし」

江端:「では、『ゴム』を教える。これだ。正式名称は『コンドーム』と言われるものだ」

と言いつつ、コンドームの箱を開けて、中身を取り出して、ピンク色のゴムの物体を、伸ばして長女に見せる私。

長女:「コンドームなら知っているけど。そうか、これが、実物のコンドームかー」

江端:「簡単に言えばゴム風船だ。これを男性器に被せて、精液の流出を防ぐことで、受精を妨げる役割をする。もっともポピュラーな避妊具だ」

長女:「そりゃ、分かるんだけど、なんで、わざわざ私にそんなもの見せる訳?」

江端:「コンドームが単なる避妊具にすぎないという認識では、お前の命にかかわると思ったからだ」

長女:「え? 避妊具なんでしょ?」

江端:「避妊の手段は、まだ沢山ある。例えば女性の膣に薬品を入れて、精子を全滅させるという避妊手段もある。一方、単に女性の性器の外に射精すれば、それで安全に避妊できると『誤解』をしているバカもまだいるようだが」

長女:「パパが何を言いたいのか、よく分からないのだけど?」

江端:「コンドームの最大の目的は、『エイズの感染防止』だ」

長女:「エイズ・・・」

江端:「後天性免疫不全症候群(Acquired Immune Deficiency Syndrome:AIDS)。詳しいことは省略するが、感染すると潜伏期間が恐しく長く(10年程度)、発病すれば、原則死に至る病(やまい)だ。現在、完全に治癒できるクスリは存在しない」

長女:「・・・」

江端:「日常の生活では、感染率は恐しく低い。接触感染やキスでも染感は難しい。ところが、SEXにおいては、感染率が跳ね上がるんだ。SEXというのは、性器の激しい摩擦運動を基本とするものだから」

長女:「パパ。もうちょっと、その激しい表現をなんとかできないかな?」

江端:「恥しがっている場合じゃない。お前がHIVやエイズのことを知らないということは、中学3年生レベルは同程度と考えるべきだろう。『ゴム→コンドーム→HIV、エイズ予防』と、直線的に思い出すくらいの教育が、されていないということだ。パパにはこっちのほうがショックだ」

長女:「・・・」

江端:「女性にとって、妊娠のリスクは相当なものだろうが、エイズには『死のリスク』があるんだ」

長女:「わかった! わかった! わかったけど、で、私にどうしろ、と?」

江端:「このコンドームを常時携帯しろ。サイフの中がベストだが、鞄の奥でも構わん」

長女:「えーーー! ヤダよーー!! 彼氏もいないのに、必要ないじゃん?」

江端:「世の中の男が、全て理論的で理性的な生き物であれば、女性が性犯罪の被害者になるはずはない。愛がなくてもSEXはできるぞ。特に男は全く問題ない」

長女:「・・・」

江端:「エイズの怖いところは、潜伏期間の恐しいほどの長さだ。お前の将来の彼氏の、元カノの、元カレの、元カノの、元カレが感染していたとしていれば、その関係者、間違いなく全員感染していて、そして、今でも、その感染を知らないで、元気に毎日生活しているぞ」

長女:「・・・」

江端:「それとな、このコンドームを装着するSEXって、けっこう『気持ち悪い』んだ。多分、男性の殆どは、コンドームを付けないでSEXしたいと思っている。色々理由をつけて、コンドームを拒否する男もいる」

長女:「なんで、そんなことが分かるの?」

江端:「その気持ちが凄く理解できるからだ」

長女:「!」

江端:「というか、コンドームすると勃起が弱くなって、SEXできなくなることが結構、多かったんだ。でな、あれ、行為の最中にSEXが中断してしまうのは、男にとっては『死ぬほど恥しい』」

長女:「あのさ、話の途中で何だけど、私、父親とこういう話をしている状況が『死ぬほど恥しい』んだけど」

江端:「我慢しろ。もう少しで終わる」

長女:「わかった」

江端:「お前が意に沿わない相手から体を要求された時、さっそうと『コンドーム』を出して、そして、今の『エイズ感染のリスク』の話でもしてみろ。絶対にどん引きするから」

長女:「そりゃ、そーだろうねー」

江端:「これは、命懸けで、HIVやエイズと闘っている人には、本当に申し訳ないと思うけど、緊急避難の方便として使わせて貰う、という手もある」

長女:「ん?」

江端:「『私の父親、私の出産時にHIVのキャリアだったけど、それでも、私と「する」?』って言ってみる。賭けてもいいが、そいつ『できなくなる』から 」

長女:「え? 赤ちゃんにも感染するの?」

江端:「遺伝としてはHIVは感染しないよ。でも、パパが感染していれば、ママが感染しているのはほぼ確実だろう? 胎児は、母親の産道を通って「血塗れ」で生まれてくるんだ。滅茶苦茶リスク高いぞ(*1)」

(*1)事前にHIV感染が判っていればリスクをかなり下げることができます。

江端:「ま、何が言いたいのかというと、コンドームの使用を拒否する男は、お前を愛していない男、と同義であると考えて良い、ということだ」

長女:「・・・」

江端:「『ということを、父親から言われたのだけど』と付け加えると、さらに効果的だろう」

長女:「・・・」

江端:「『コンドームを使ったら、その使用数を父に報告しろとも言われている』とまで、言い切れば、完璧だろう」

長女:「ママー、もう、パパと話すの嫌だよーー」

嫁さん:「まあ『コンドームは必ず使うようにしなさい』ということよ」

江端:「で、持ち歩くんだろうな?」

長女:「やだよ!」

江端:「じゃあ、机の引き出しか、ベッドの下に入れておく、とか」

長女:「パパは、自宅で娘が『やっていて』もいいのか!」

江端:「そりゃ、よかないが、娘の死のリスクに比べれば、受忍できる範囲だ」

長女:「ママー! パパを、なんとかしてよーーー!!」

——-

という訳で、折角、私の買ってきたコンドームは、タンスの引き出しに格納されることになりました。

その後、コンドームに1リットル近い水が入ることを実験して、日本の技術力を自慢したり、現状の日本における生殖技術について娘に語っていたら、午前2時近くになってしまいました。

——-

翌朝、嫁さんに車で駅までおくって貰いながら、二人で会話をしていました。

江端:「あの手の話をするのは、母親の方がプロパーだと思うんだけどな」

嫁さん:「コンドームの効果を、技術者視点で淡々と娘に語れる人がいるんだから、別にいいんじゃないの?」

(1,775 リアクション)

+

2013-10-17 コンドームの効果を、技術者視点で娘に淡々と語れる人 [長年日記]

家族で、3億円事件を扱うドラマ「クロコーチ」を見ていました。

そこで主役の黒河内刑事が、愛人を殺した犯人に対して「ゴムはしていたのか?」と尋ねるシーンがありました。

二人の娘から、同時に「ゴムって何?」と尋ねられて、夫婦で固まってしまいました。

しかし、小5の次女はともかく、中3の長女が暗語として「ゴム」を知らないのは、半端ではなくマズイ状況であると思いました。

で、私が何をしたかというと、会社帰りに、ドラッグストアで一番安い420円のモノを購入したのです。

コンドームです。

——-

深夜11時半すぎ、次女が部屋で眠ったのを確認して、長女を掴まえて、リビングのテーブルで話を始めました。

江端:「最初に確認したいが、SEXの仕組みと意義については理解しているんだよな」

長女:「一応。学校でも習ったし」

江端:「では、『ゴム』を教える。これだ。正式名称は『コンドーム』と言われるものだ」

と言いつつ、コンドームの箱を開けて、中身を取り出して、ピンク色のゴムの物体を、伸ばして長女に見せる私。

長女:「コンドームなら知っているけど。そうか、これが、実物のコンドームかー」

江端:「簡単に言えばゴム風船だ。これを男性器に被せて、精液の流出を防ぐことで、受精を妨げる役割をする。もっともポピュラーな避妊具だ」

長女:「そりゃ、分かるんだけど、なんで、わざわざ私にそんなもの見せる訳?」

江端:「コンドームが単なる避妊具にすぎないという認識では、お前の命にかかわると思ったからだ」

長女:「え? 避妊具なんでしょ?」

江端:「避妊の手段は、まだ沢山ある。例えば女性の膣に薬品を入れて、精子を全滅させるという避妊手段もある。一方、単に女性の性器の外に射精すれば、それで安全に避妊できると『誤解』をしているバカもまだいるようだが」

長女:「パパが何を言いたいのか、よく分からないのだけど?」

江端:「コンドームの最大の目的は、『エイズの感染防止』だ」

長女:「エイズ・・・」

江端:「後天性免疫不全症候群(Acquired Immune Deficiency Syndrome:AIDS)。詳しいことは省略するが、感染すると潜伏期間が恐しく長く(10年程度)、発病すれば、原則死に至る病(やまい)だ。現在、完全に治癒できるクスリは存在しない」

長女:「・・・」

江端:「日常の生活では、感染率は恐しく低い。接触感染やキスでも染感は難しい。ところが、SEXにおいては、感染率が跳ね上がるんだ。SEXというのは、性器の激しい摩擦運動を基本とするものだから」

長女:「パパ。もうちょっと、その激しい表現をなんとかできないかな?」

江端:「恥しがっている場合じゃない。お前がHIVやエイズのことを知らないということは、中学3年生レベルは同程度と考えるべきだろう。『ゴム→コンドーム→HIV、エイズ予防』と、直線的に思い出すくらいの教育が、されていないということだ。パパにはこっちのほうがショックだ」

長女:「・・・」

江端:「女性にとって、妊娠のリスクは相当なものだろうが、エイズには『死のリスク』があるんだ」

長女:「わかった! わかった! わかったけど、で、私にどうしろ、と?」

江端:「このコンドームを常時携帯しろ。サイフの中がベストだが、鞄の奥でも構わん」

長女:「えーーー! ヤダよーー!! 彼氏もいないのに、必要ないじゃん?」

江端:「世の中の男が、全て理論的で理性的な生き物であれば、女性が性犯罪の被害者になるはずはない。愛がなくてもSEXはできるぞ。特に男は全く問題ない」

長女:「・・・」

江端:「エイズの怖いところは、潜伏期間の恐しいほどの長さだ。お前の将来の彼氏の、元カノの、元カレの、元カノの、元カレが感染していたとしていれば、その関係者、間違いなく全員感染していて、そして、今でも、その感染を知らないで、元気に毎日生活しているぞ」

長女:「・・・」

江端:「それとな、このコンドームを装着するSEXって、けっこう『気持ち悪い』んだ。多分、男性の殆どは、コンドームを付けないでSEXしたいと思っている。色々理由をつけて、コンドームを拒否する男もいる」

長女:「なんで、そんなことが分かるの?」

江端:「その気持ちが凄く理解できるからだ」

長女:「!」

江端:「というか、コンドームすると勃起が弱くなって、SEXできなくなることが結構、多かったんだ。でな、あれ、行為の最中にSEXが中断してしまうのは、男にとっては『死ぬほど恥しい』」

長女:「あのさ、話の途中で何だけど、私、父親とこういう話をしている状況が『死ぬほど恥しい』んだけど」

江端:「我慢しろ。もう少しで終わる」

長女:「わかった」

江端:「お前が意に沿わない相手から体を要求された時、さっそうと『コンドーム』を出して、そして、今の『エイズ感染のリスク』の話でもしてみろ。絶対にどん引きするから」

長女:「そりゃ、そーだろうねー」

江端:「これは、命懸けで、HIVやエイズと闘っている人には、本当に申し訳ないと思うけど、緊急避難の方便として使わせて貰う、という手もある」

長女:「ん?」

江端:「『私の父親、私の出産時にHIVのキャリアだったけど、それでも、私と「する」?』って言ってみる。賭けてもいいが、そいつ『できなくなる』から 」

長女:「え? 赤ちゃんにも感染するの?」

江端:「遺伝としてはHIVは感染しないよ。でも、パパが感染していれば、ママが感染しているのはほぼ確実だろう? 胎児は、母親の産道を通って「血塗れ」で生まれてくるんだ。滅茶苦茶リスク高いぞ(*1)」

(*1)事前にHIV感染が判っていればリスクをかなり下げることができます。

江端:「ま、何が言いたいのかというと、コンドームの使用を拒否する男は、お前を愛していない男、と同義であると考えて良い、ということだ」

長女:「・・・」

江端:「『ということを、父親から言われたのだけど』と付け加えると、さらに効果的だろう」

長女:「・・・」

江端:「『コンドームを使ったら、その使用数を父に報告しろとも言われている』とまで、言い切れば、完璧だろう」

長女:「ママー、もう、パパと話すの嫌だよーー」

嫁さん:「まあ『コンドームは必ず使うようにしなさい』ということよ」

江端:「で、持ち歩くんだろうな?」

長女:「やだよ!」

江端:「じゃあ、机の引き出しか、ベッドの下に入れておく、とか」

長女:「パパは、自宅で娘が『やっていて』もいいのか!」

江端:「そりゃ、よかないが、娘の死のリスクに比べれば、受忍できる範囲だ」

長女:「ママー! パパを、なんとかしてよーーー!!」

——-

という訳で、折角、私の買ってきたコンドームは、タンスの引き出しに格納されることになりました。

その後、コンドームに1リットル近い水が入ることを実験して、日本の技術力を自慢したり、現状の日本における生殖技術について娘に語っていたら、午前2時近くになってしまいました。

——-

翌朝、嫁さんに車で駅までおくって貰いながら、二人で会話をしていました。

江端:「あの手の話をするのは、母親の方がプロパーだと思うんだけどな」

嫁さん:「コンドームの効果を、技術者視点で淡々と娘に語れる人がいるんだから、別にいいんじゃないの?」

(1,775 リアクション)

+
そういえばデパートのピアノ売り場で「楽譜を見ながら演奏するのは著作権法に触れます」という張り紙を見た時には世も末だと思った。
Twitter / 四本淑三_ (via otsune) (via quote-over100notes-jp) (via gkojax) (via ffftp) (via konishiroku) (via overhilowsee) (via hexe) (via wideangle) (via tiga) (via takojima)

(1,006 リアクション)

+
ABCDEFGの下には「A Boy Can Do Everything For Girl.(男は女のためなら何でもする。)」そしてその下GFEDCBAには「Girls Foget Everything Done & Catches new Boy Again.(女は男にしてもらったことを全て忘れて次の男を捕まえる。)」と書かれていて、文字だけでなく、そのアルファベットを頭文字にして作られた文章も意味が反転しています。

(685 リアクション)

+
ちょっと考えてみれば、「むずかしい」は「やさしい」より確実におもしろくてたのしいことがわかる。
 自転車は補助輪をつけて乗れればじゅうぶんだと考える少年がどこにいるだろう。

(508 リアクション)

+
「兄ちゃん、なんでホタルすぐ死んでしまうん?」「その問については、たとえば森島=山口(1991)やScholtz(1994a)の研究を参照されたい。なお、少数説ではあるがUedaの確定生産説は蛍の寿命について示唆的な結論を示している(Ueda 2003、大槻=植田 2009)。」
Twitter / m_soba (via 774)

(元記事: 774 (gkojayから))

(392 リアクション)

+
『この中に医者はいませんか?』で呼び出されて何が嫌かって『医者が来たからもう大丈夫だろ』と周りの人が急に解散しだすこと。救急車呼んでもらったり等、人手は無いと困るんです。一度某駅で『では後は若いお二人で』とばかりに、痙攣する患者さんと2人にされかけた時はさすがに焦りました
Twitter / MIKITO_777 (via gkojax)

(元記事: gearmann (do-nothingから))

(913 リアクション)

+
カメラが壊れたiPhoneを持ってアップルストアに向かってるんだけど、修理窓口のことをジニアスバーとか言っちゃうメンタリティーのやつと分かり合えるはずがないので、ちょっと緊張している。

Twitter / hmatsu

さっきのアップルストアのやつとは分かり合えないみたいなツイートが意外と好評だったのは嬉しいんですが、まさにジニアスバーで画面を見ながらやりとりしている時にRT通知がバンバンポップアップしてきて、とても気まずかったです。

Twitter / hmatsu

(via chptr22)

(ynakajimaから)

(1,033 リアクション)

+
3月 27 2014
lotolle:

purplesmauge:

clarityandchaos:

earloffabulousness:

everybody stop what you’re doing, its a cat cleaning a baby

"Stupid furless humans can’t take care of their kitten, I have to do everything myself."

My favourite thing is baby sitting up thinking “What the fuck is that?”  Then seeing the cat, thinks “Very well, continue.”

Stupid furless humans.

lotolle:

purplesmauge:

clarityandchaos:

earloffabulousness:

everybody stop what you’re doing, its a cat cleaning a baby

"Stupid furless humans can’t take care of their kitten, I have to do everything myself."

My favourite thing is baby sitting up thinking “What the fuck is that?”  Then seeing the cat, thinks “Very well, continue.”

Stupid furless humans.

(highlandvalleyから)

(231,884 リアクション)

+
+
+
素粒子の先生「研究者になるなら、学生のうちに結婚して、困ったときは食べさせてくれるパートナーを見つけるのが良い(超ひも理論)」

(627 リアクション)

Page 1 of 5811